2009年 11月 19日

小倉家屋敷跡

古屋廃村のハイライトは、何と言っても「小倉家屋敷跡」でしょう。

昨日の廃村をさらに進むと突如現れる石垣群。城跡を思わせる立派な造り。
ここには明治初期まで隆盛を誇った「小倉家」があったのです。小倉家は
この地の豪族で、当初は近くの明延鉱山も所有してた程の資産家・実業家で
あったそうです。また、養蚕が盛んであった大屋でも、特に中心的な立場で
もありました。この屋敷内には製糸工場も隣接し多い時には100人を超す工
員を雇っていたそうです。さらに当時としては画期的なボイラーを使用した機
械式製糸業を営んでいました。

しかし明治22年、突然廃業したとのこと。一説には主の豪遊が原因だったとか?
f0174293_7501914.jpg




古屋廃村にあった看板
f0174293_7562981.jpg

f0174293_7505352.jpg
f0174293_7512434.jpg
f0174293_7514918.jpg
f0174293_7521699.jpg

この穴は釜戸の跡?
f0174293_7525182.jpg

製糸工場跡
f0174293_7542753.jpg

屋敷のシンボルだった老松。もう枯れてます。
f0174293_755239.jpg

↓ポチッとお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
[PR]

by s-kainaka | 2009-11-19 07:57 | 県内


<< 明延鉱山      古屋廃村 >>