四季の彩り

kainaka.exblog.jp
ブログトップ
2009年 12月 14日

霧の虎臥城

和田山の竹田城跡。いつ行っても多くのカメラマンで賑わう但馬でも屈指
の人気スポット。
雲海の名所として人気も高く、地元だけでなく遠方からも人々がこの地を
訪れます。

今回は、城そのものには行かず、対岸の立雲峡から城跡を狙う事にした。
立雲峡は「但馬吉野」の別名が示す通り、多くの山桜が楽しめる名所。春
には満開の桜越しに城跡を眺める事ができます。さらに雲海の季節には、
雲上の城を狙うカメラマンが早朝から押し寄せる。

前日は雨が残り、地表には適度に水分がある。さらに冷え込みもあれば霧
は発生する。その予想をした多くの人で山はカメラを抱えた人で溢れてた。
ちなみに平日である。休日だと、とんでもない事態だっただろうと推測する。
前日の天気予報で、今年最後のチャンスだろうと予測して休暇を取って来た
という方もいた。

みんなの予想通りに、あたりは一面の霧。でもなかなか晴れない。時間から
して既に陽は昇っている。しかし霧が濃い過ぎて城跡は見えない。そして、待
つことおよそ2時間ちょっと。やっと見えた竹田城跡(別名・虎臥城)。ここから
見る姿が、獲物を狙う虎に似ていることからその名が付けられてる。霧に隠れ
て獲物を狙っていた虎が姿を見せた瞬間、それまで静かだったカメラマン達の
シャッター音が響き出した瞬間でもあった。
f0174293_74268.jpg




霧が晴れだし、姿が見えかけた瞬間
f0174293_7431967.jpg
f0174293_7434328.jpg

徐々に霧が消え、城跡の姿がはっきりと
f0174293_744855.jpg

f0174293_7443538.jpg

霧は完全に消えて  時間にして5~6分、一気に動き出した瞬間
f0174293_7465733.jpg

↓ポチッとお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
[PR]

by s-kainaka | 2009-12-14 07:48 | 県内


<< 晴れ日の竹田城跡      にぎわい >>