四季の彩り

kainaka.exblog.jp
ブログトップ
2009年 12月 22日

神子畑選鉱場

少し前にアップしてきた明延鉱山は、日本一の錫鉱山だったこと
をここで紹介しました。
その明延で採掘された鉱石を選鉱したのが、山を挟んだ朝来市神
子畑(みこばた)にあった、神子畑選鉱場です。

旧朝来町で国道312号線から国道429号線に乗り換えしばし
西へ。山が迫る谷あいの集落を過ぎると右手に出くわす巨大な廃墟。

ここは大正8年に建設された巨大な施設でした。山の斜面を利用
した建築物は当時は「東洋一」と言われた規模を誇っていました。

明延鉱山が廃鉱されると、その役目も終わり長く放棄されてまし
たが、今から5年前にその要塞のような建物も撤去されました。
f0174293_741176.jpg




現地にある案内版の写真。かつて操業してた頃のものです。
f0174293_7423188.jpg
f0174293_7442080.jpg
f0174293_7444966.jpg
f0174293_7451689.jpg
f0174293_745517.jpg

近年の廃墟ブームの為か、未だにここを訪れる人は多いようです。
但馬を代表する近代産業遺産であったこの選鉱所。当時は保存を望
む声も多々あったようですが、老朽化や維持管理に問題があり解体
されたことは、いささか残念でした。実は解体前の初夏にここを撮
影したのですが、その後の台風浸水でPCが水没。バックも取って
なかったのが、今も悔やまれてならない。
f0174293_7474894.jpg
f0174293_74812100.jpg
f0174293_7484097.jpg
f0174293_7502642.jpg
f0174293_7505060.jpg

↓ポチッとお願いします
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
[PR]

by s-kainaka | 2009-12-22 07:52 | 県内


<< 晩秋の廃校      やっと会えた >>