2010年 01月 17日

1.17

悪夢のような阪神淡路大震災(兵庫県南部地震)から今日で丸15年が経ちました。

あの日の事は、今でもはっきり覚えてます。まだ布団の中だったんですが、いきなり
経験した事の無い大きな揺れ。下から「ドスーン!」と突き上げられた後、かなり長い
時間の横揺れ。およそ1分位は揺れてたと思う。これは大変なことが起きたんだと直
観した。直ぐにNHKを点ける。地震速報でもその様子を伝えていた。豊岡は震度5、
神戸では震度6と報じていた。さらに震源は県南部の淡路~神戸の辺りとのこと。

幸いこの豊岡では、人的被害は無くほっとしていたが、時間が経つ毎に南部での被害
状況が分かってきた。同じ県内と言う事で、豊岡出身の方も被害に遭った方もあり、不
幸にもその尊い命を落とされた方もあった。同級生の妹さんも亡くなったと後日聞かさ
れた時は、さすがに他人事とは思えなかった。

僕らはこうして今も元気に平和に暮らす事が出来てる。でも決してあの戦場のようにな
ってしまった、焼け野原の神戸の姿を忘れる事は出来ない。

改めて、亡くなられた方のご冥福と、被災された方の本当の復興を祈ります。

この歌を聞くととても切なくなりますが、実に良い歌です

元気になった神戸三宮の様子です
f0174293_140813.jpg

※2投目につきコメント欄は閉じさせてもらいます
[PR]

by s-kainaka | 2010-01-17 14:00 | 県内


<< 冬の造形      雪原のマガン >>