2010年 11月 24日

晩秋の朝・来日岳にて

20日土曜日は、天気も回復するとの予報だった。最低気温も低めの予報。
ならば霧の発生は十分可能性がある。竹田と来日、どちらかに行こう。
この日は、嫁が休みなので丹波の紅葉撮りに行く約束をしていた。ただし
早朝雲海撮影には同行はできないとの事。竹田に行った後、一旦帰宅するのも
面倒なので、来日岳に行く事にした。

朝は4時45分起床。霧が出てなければ、再度寝よう。窓を開ける、外はぼんやり
している。いつもの濃霧の状態である。そうなると、目も覚め一気に出動モード
に切り替わる。

かつては、但馬の雲海名所の代表格のような存在であった来日岳。僕自身、写真
を始めた当初は竹田城跡に行く事が多かった。と言うか、竹田城跡を撮る為に風景
写真を始めたという表現が正しいと思う。しかし、当時は竹田より来日岳の方が、
雲海撮影としては、圧倒的に人気があったような気がする。

豊岡盆地がすっぽりと霧に包まれる光景は、実に雄大である。雲海そのものを楽しむ
には、近隣ではここが一番であろう。それは、今でも変わりないと思う。
f0174293_7401677.jpg
f0174293_7403887.jpg
f0174293_741325.jpg
f0174293_7412576.jpg

前回行った時は先客が1名。そして今回は少し多く自分を入れて総勢6名だった。
シーズンのピークとしては、少し寂しいが撮影にはこの位がちょうど良い。過去には
この山頂に20~30人位が押し寄せていたが・・・。
f0174293_74223100.jpg
f0174293_7425331.jpg
f0174293_7431916.jpg
f0174293_743439.jpg
f0174293_7441495.jpg
f0174293_7444014.jpg

太陽が顔を覗かせる前にスタンバイできた。11月も終盤にかかって来たので、太陽
も南に寄って来てる。日の出前は、まだ少し青味を帯びた雲海が見える。太陽が昇れば
一気に赤味を増すのだろうが、とりあえず静かな雲海を数枚収めた。
今回も2回に分けます、続く。

2010.11.20  豊岡市城崎町  来日岳山頂にて


     ランキングに参加中です 皆様のポチ!が、大変励みになっております
  ↓応援のポチッとお願いします040.gif
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
ありがとうございました
[PR]

by s-kainaka | 2010-11-24 07:47 | 県内


<< デジブック 竹田城跡に魅せられて      水田にて >>