四季の彩り

kainaka.exblog.jp
ブログトップ
2011年 04月 30日

竹田城跡  残念無念

雨に降られ、予定が狂ってしまいました。時間があるので2回目の投稿をします。

今朝は4時起きで、竹田城跡に行って来ました。天気予報に反し、曇り空の但馬地方。
行くの止めようか、迷いましたが、結局行く事に。どうしても確認したい事があったので。

この記事、本当は書こうか以前よりかなり迷ってましたが、GWに入り多くの方が来られる
事が予想されます。皆さんに少しでも役に立てればとの思いで投稿します。

実は竹田城跡の中腹にある駐車場が、この度増設されました。少し手前に整地され、少しでも
混雑が緩和されればと思ってます。
少し見難いですが、左側が新設された駐車場です。(右は従来からのものです)
f0174293_15573581.jpg

駐車場からは2つのルートの登山道があり、自身の足と相談の上、徒歩で登って頂きます。

その駐車場からゆったりのんびり登る「亀さんコース」は、入口にバリケードが置かれてます。
かつては、ここからも自動車が進入でき石垣のすぐ下(大手門)まで行けました。
しかし、急激に増えた来城客の安全確保の為、昨年から緊急車両・タクシー・関係者を除く
一般車の進入が規制されてました。
道幅が狭く、見通しも悪い。さらに急な坂もある為、事故の可能性が高い路線なので、仕方ない
措置でした。

そんな最中、事故が起きてしまったのです。桜が見頃を迎えてた今月13日の事です。
ここから一般車両(軽トラ)が転落し、運転していた男性が重傷を負ったのです。
入ってはいけないこのコースに、関係者の制止を無視して強引に進入したとの事。事実とす
れば、とても腹立たしい行為である。

当初この事故を新聞で見た時は、もっと下の部分かと思っていた。男性の年齢は78歳。高齢に
よる運転ミスかと、初めは同情していた。しかし、ある方から現場の事、さらにこの事故が起き
た前後の経緯を聞き、同情どころか激しい憤りを感じた。以前から、このブログでもこの進入規
制については記してきたが、依然として守られてなかった。冬場には、しっかりとタイヤ痕が残
った路面の写真も載せてきた。それでもルールを守れない連中が後を絶たなかったようだ。

この事故により、とうとう入口にはチェーンが設置された。
f0174293_1550146.jpg

しっかりと鍵も付けられてます
f0174293_15504135.jpg

以前、路肩が沈下していた場所には、柵が設置されてました
f0174293_1552413.jpg

その先を少し行き下を見ると、無残な形に変貌した軽トラが見えました
f0174293_15533338.jpg

人生の大ベテランである78歳が、こんな身勝手な行動をし、多くの方に迷惑をかける。
本当に情けなくなる出来事でした。みんなが愛する竹田城跡、僕自身もここに通い20年近くに
なる。ここで得た思い出は数えきれない。多くの方との出会いや感動を味わわせてくれた場である。
その竹田城跡が、土足で踏み躙られたような気分だ。

入口の鍵がどの範囲の方までに出回ってるかは、知りません。ひょっとしたらタクシーでの登山
も、このバリケードまでかも分かりません。そうだとすれば、今後の観光客対応にも問題がでて
きます。一人の我がままが起こした代償は、とても大きな物になってしまったようです。

2011.4.30  朝来市和田山町 竹田城跡にて


ランキングに参加中です 皆様のポチ!が、大変励みになっております。
 お帰り前に↓応援のポチッとお願いします040.gif
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
ありがとうございました
[PR]

by s-kainaka | 2011-04-30 16:20 | 県内


<< 築地松を探して      一畑口駅にてリベンジ >>