「ほっ」と。キャンペーン
2011年 09月 01日

鉱石の道

日本の近代化に貢献した但馬の鉱山。そこから運ばれた鉱石は、この国の工業化の発展の基礎
になったと言っても過言ではないでしょう。


明延鉱山で採掘された鉱石は、山を越えた神子畑選鉱場で選鉱されました。
そしてさらに生野の精錬所へ送られてました。
明延から神子畑は電車が、そして神子畑から生野へは専用道(後に軌道)が建設されました。
さらに生野から飾磨港(姫路市)へは、馬車道が輸送を担っていました。

今ではこれらの道路の事を「鉱石の道」と呼び、後世に伝えてます。

現在はほとんどがその姿を見つけ難くなってますが、神子畑に向かう途中で、その遺構を見る事
が出来ます。

とても小さなトンネル跡。
f0174293_19552484.jpg

神子畑川に残る橋脚。
f0174293_1956417.jpg

「神子畑鋳鉄橋」当時架けられた5つの鋳鉄橋野うちの一つ。国の重要文化財に指定され、日本最
古の鋳鉄橋であり、鉄橋としても3番目の古さです。明治18年建設。
f0174293_19565973.jpg

神子畑の起点跡。
f0174293_19573798.jpg

f0174293_1958397.jpg

これらの遺構も大切な財産と思ってます。今後も大切に残して欲しいです。

2011.8.19 朝来市神子畑・佐嚢にて


ランキングに参加中です 皆様のポチ!が、大変励みになっております。
 お帰り前に↓応援のポチッとお願いしますemoticon-0139-bow.gif
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
ありがとうございました
[PR]

by s-kainaka | 2011-09-01 07:30 | 県内


<< 毛原の棚田      百合地の様子 >>