カテゴリ:その他( 47 )


2012年 09月 23日

甲斐中文治郎

今回はここでのハンドルネーム「kainaka」について述べさせていただきます。

但馬が生んだ偉大な政治家・斎藤隆夫。出石郡室埴村(現・豊岡市出石町)出身の氏は、自分自身
特に関心があり、かつ尊敬に値する人物の一人です。
但馬の貧しい農家に生まれながら、苦学の末、弁護士に。そして明治末期に念願の衆議院議員に当選。
戦局が悪化した昭和10年代には、身を呈して国民生活の向上を訴え、そして軍部の責任追及を行った
とても勇気ある行動をした人物であります。

その斎藤隆夫を秘書として常に支え、彼の没後に後継として衆議院議員に就任したのが、甲斐中文治郎
(かいなか ぶんじろう)です。
明治31年城崎郡五荘村(現・豊岡市)栃江に生まれる。昭和22年より五荘村最後の村長を務め、当時
の豊岡町を中心に市制施行の機運が高まると、近隣の中筋・新田両村との合併に関与し、但馬初の「市」
誕生に尽力した。

昭和27年10月、兵庫5区に、自由党から立候補。候補者7人が立つ激戦を制し、有田喜一・小島徹三に
次ぐ3番目で見事初当選を果たしました。

だが、不運はこれから。せっかく当選した衆院の座だが、僅か5ヶ月で解散(いわゆるバカやロー解散)に。
返り咲きを狙って出馬した総選挙も同じ自由党吉田派で丹波の佐々木盛雄や、豊岡市が地盤の候補者
(社会党)が出たりと、票が割れる結果になり、8人中4位の次点に泣く結果に。

それから5年後、今度は市長選挙に打って出ることに。現職・佐川辰夫との一騎打ちに。結果は僅かに
1800票差で惜敗。前選挙に続き、再び不運な結果に。尚、この市長選挙には事前に佐川との駆け引き
があったと、手元の資料には出てる。ここでは割愛させていただくが、甲斐中にとっては本当に無念の思
いだっただろうと、推測する。

師である斉藤を心底支え、自身もその後継とし国政に参加。わずか5ヶ月でその席を失い、また市長選も
惜敗。光の当たる時間は短かった彼の人生を、豊岡市民として取り上げておきたかった。
ちなみにその後に衆議院議員に当選した伊賀定盛・吉岡賢治は豊岡市出身とあるが、出生地はそれぞれ
香住と竹野である。純粋な豊岡出身としては最後の代議士である甲斐中を、もっと注目されてもとも思う。
そんな彼に、なにか共感することがあり、4年前にこのブログを開設するに当たり、彼の名を勝手に拝借した
次第です。

甲斐中文治郎の肖像
f0174293_11321690.jpg

甲斐中家があった栃江地区。生家は既になく、更地になってるとのこと。
f0174293_11324361.jpg


なお、元最高裁判所判事の甲斐中辰夫は次男である。昭和28年の衆院選時の新聞に家族の事を聞かれた
記事が出てる。その中で「次男は中学2年生だが、こいつはまた級長ばかりさせらている。ぼくの後継が
できそうだ・・・」とある。

※ 参考資料  上田平雄著 不屈の政治家・斎藤隆夫
           五荘村誌
           神戸新聞 マイクロフィルム(豊岡市図書館蔵)

          (文中 敬称略)

ここでお知らせ

 4年余り前に開設しましたこのブログ、とうとう容量が一杯になってきました。長年皆様に可愛がっていた
だき、ここまで続けることが出来、本当にうれしく思います。

 当初は一日の訪問者もごく僅か。精々20人位だったと思います。今では大体100人少々の方が訪問
してくださり、またそれぞれにコメントも残して頂いてます。近年の竹田城人気で、このブログを見て下さる
方も増えたでしょうが、本当に本当に感謝です。

 さて、このままフェードアウトするのも偲ばれる思いですので、第2段を続けさせていただくこととしました。

 「彩」  シンプルなタイトルですが、四季の彩りをこれまで通り追いたいと思ってます。よろしくお願いします。


ランキングに参加中です 皆様のポチ!が、大変励みになっております。
 お帰り前に↓応援のポチッとお願いしますemoticon-0139-bow.gif
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
ありがとうございました
[PR]

by s-kainaka | 2012-09-23 12:13 | その他
2012年 09月 01日

デジブック 竹田城跡に魅せられ6

久しぶりのデジブックです。昨年12月から今年8月の撮影分から選んでみました。
f0174293_21311711.jpg



Published by デジブック


ランキングに参加中です 皆様のポチ!が、大変励みになっております。
 お帰り前に↓応援のポチッとお願いしますemoticon-0139-bow.gif
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
ありがとうございました
[PR]

by s-kainaka | 2012-09-01 21:32 | その他
2012年 06月 23日

第4回 朝来市「全国天空の城・竹田城跡」フォトコンテスト

今年も開催されます。応募期間は例年通りですが、いつもの年より早い発表です。

昨年の上位5位は、いずれも但馬外の方の作品でした。但馬人の面目を保ちたいですが、如何かな?

11月末まで、頑張って作品創りに励みたいです。
f0174293_18583232.jpg
f0174293_18581655.jpg

皆さんも、いかがですか?

ランキングに参加中です 皆様のポチ!が、大変励みになっております。
 お帰り前に↓応援のポチッとお願いしますemoticon-0139-bow.gif
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
ありがとうございました
[PR]

by s-kainaka | 2012-06-23 19:00 | その他
2012年 03月 11日

超兵器R1号

以前からレンタルしてた、とあるシリーズ物。子供番組ながら未だに多くのファンがいる作品です。
そのシリーズの中で、特に見たい話の入ったDVDが豊岡の〇タヤに無い。店員に尋ねたところ
「事故の可能性(傷等)もあり、今後も更新しない」とのこと。

昨日ダメ元で和田山の〇タヤを覗いてみた。するとちゃんと揃ってた。一本だけ借りることができて
ない第7巻もちゃんとある。直ぐにレンタルした。

そのDVDは 「ウルトラセブン」 である。

そして一番見たい話が今回のタイトルにもした 「超兵器R1号」 だ。

ウルトラシリーズでも特に秀作との名高いセブン。その中でも1、2を争う名作であろう。

当時、米ソの冷戦の最中に作られたセブン。その時代背景を宇宙からの侵略者に置き換えた話だ。

超兵器の開発競争だけが、地球の平和に繋がるか?周りの仲間は、これで地球の平和は固いと喜ぶ。
だが主人公のダン(セブン)だけが、ただ一人悩み苦しむ。本当に、それが正しいことなのかと。

無人で有る筈のギエロン星に生物が居た。R1号の攻撃で凶暴化してしまった。復讐のため、地球に
飛んできた。セブンとの戦いで息絶えたが、地球人に与えたインパクトは多大だった。

劇中の名セリフ「それは、血を吐きながら続ける…、悲しいマラソンですよ」は、今の社会にも通ずる言葉
でもあります。

詳しい内容はこちらを

放射能問題や、核開発の是非が問われ久しい。今日はあの震災から1年。改めて今後の日本の再生を考
える日でもあった。
[PR]

by s-kainaka | 2012-03-11 21:26 | その他
2012年 01月 14日

デジブック 竹田城跡に魅せられ5

久々にデジブックを。昨年10月に撮影した中からまとめてみました。
雲海シーズンも本格化し、多くの方々で賑わった月でした。例年に比べて少し天候が
冴えず、湿気も多かった日が多かったです。



Published by デジブック

ランキングに参加中です 皆様のポチ!が、大変励みになっております。
 お帰り前に↓応援のポチッとお願いしますemoticon-0139-bow.gif
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
ありがとうございました
[PR]

by s-kainaka | 2012-01-14 16:28 | その他
2011年 11月 15日

巨星 逝く

先日の9日、但馬の写真界に多大なる功績を残された狩野清道氏が亡くなられた。享年64。

写真店経営の傍ら、自身でも但馬の自然風景を撮影された写真家でした。また「但馬ネイチャー
フォトクラブ」を主宰され、後進の指導にも熱心に取り組まれました。

狩野氏との出会いは、かれこれ25~6年前だろう。山陰海岸・日和山龍宮城を長年に渡り
撮り続けられた彼の個展を見学した時からです。当時高校生だった自分には、大人の作品
の素晴らしさ、そしてカッコ良さをヒシヒシと感じさせられた個展でした。

それから6~7年経った平成3年秋、僕に転機が訪れた。狩野氏の初の写真集「龍宮の四季」の
出版を記念して行われた個展での事。数多い龍宮と円山川を扱った作品の中に2枚の竹田城跡
の作品がありました。

但馬の雲海の名所と言えば城崎の来日岳が有名でしたが、まさか竹田城跡でも雲海が撮れると
は、この時初めて知りました。その作品を見た衝撃は、今でもハッキリ覚えている。「この風景、自
分でも撮りたい」 この時が、僕の竹田城跡通いが始まったきっかけでした。

当時23歳の若輩者の僕にも、嫌な顔をせず自身の持つ知識・技術を親切に教えて下さいました。
また平成4年にはクラブにも入会させてもらい、一層親しくさせて頂いた。

翌年募集された某写真コンクールで当時最年少の25歳で大賞を受賞することができましたが、
自分の事のように喜んで下さった。また結婚式にも出席して頂き、自慢のノドを披露してもらった思い出も。

この頃には氷ノ山での作品作りに精を出され、ランクルを豪快に乗りこなす姿に憧れたものだった。

僕自身、結婚後写真活動から離れ、疎遠になってしまったが、その数年後には、念願の氷ノ山の写真
集出版の記事を新聞で知ることとなった。

数年前から体調を崩され、店も畳まれ療養されてたと聞く。入退院を繰り返す生活をされてたようだが、
遂に最期を迎えられた。

我家には2つの写真集がある。一つは第一作の「龍宮の四季」。もう一つは「円山川の詩」。
この写真集は、何度も何度も見返した大切な教科書です。
f0174293_20443552.jpg

サインも入ってます。
f0174293_20445143.jpg


最後になりましたが、心よりお悔やみ申し上げます。

ランキングに参加中です 皆様のポチ!が、大変励みになっております。
 お帰り前に↓応援のポチッとお願いしますemoticon-0139-bow.gif
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
ありがとうございました
[PR]

by s-kainaka | 2011-11-15 20:47 | その他
2011年 07月 19日

魁皇 引退

夕方、台風の情報を得ようとニュースを見ていた。ニュース速報の字幕の後「大関魁皇 引退」
のテロップが。

遂に来たか。正直この日まで持ったのが奇跡と言っても良いだろう。通算勝ち数の新記録も樹立
したこの場所、一つの引き際であったようだ。

昭和63年3月、相撲界は空前のブームを予感させる時代に入ろうとしていた。
角界のプリンス・大関貴ノ花の二人の息子(当時、若花田・貴花田)やハワイの巨人・曙と言った
後に横綱を張る新弟子が入門したのだ。その中に伝統がありながら小部屋になり下がっていた
友綱部屋に一人の少年が入門した。福岡県直方市出身の古賀君である。そう、後の大関魁皇だ。

その当時の角界は出羽海や時津風、春日野と言った「名門」より、藤島、武蔵川、大島等の新興
部屋が勢いを見せていたように思う。昭和50年代に活躍した名力士達が起こした部屋だ。

友綱部屋と言えば、どちらかと言えば地味で見立たない部屋だった。小学生の頃も現師匠の魁輝
以外、幕内力士がなく、その魁輝自身もあまり目立つタイプでなかった。「腰の重い魁輝」位しか
印象になかった。

その魁輝が引退後、義父である先代から部屋を継承し育てたのが魁皇だ。
同期のエリートの陰に隠れたといえ、順調に昇進を果たし若干19歳で十両入りした。それ以前にも
17歳だったと思うが、三段目優勝しNHKのインタビューを照れながら受けていた姿が印象に残ってる。

十両入りを決めた時「末の大関は間違いなし!!」と太鼓判を押した。当時、友人に送った年賀状に
そんな事を書いたりもした。その後、その予言が的中したのは、後にも先にもこの魁皇ただ一人だった。

大関を目前にしながら何度も足踏みし、少しやきもきさせたが遂に念願叶った。

その頃と前後し、体重がかなり増えたように思う。結果的にその体重が腰に負担を与えたのだろう。
ここ数年の相撲中継も殆ど見なくなった。かつては毎月購入していた相撲誌も、今は買ってない。
でも魁皇の事は気になっていた。取的時代から目を掛け、大出世した名力士。僕の記憶には、きちん
と残った名力士だ。 本当にお疲れ様でした。

今後は後進の指導にあたるだろうが、今度は親方として立派な力士を育てて欲しいものだ。
[PR]

by s-kainaka | 2011-07-19 20:33 | その他
2011年 07月 16日

帰りました

たった今、帰宅しました。
f0174293_23564925.jpg

画像は在庫です

2011.4.9  島根県出雲市にて

ランキングに参加中です 皆様のポチ!が、大変励みになっております。
 お帰り前に↓応援のポチッとお願いしますemoticon-0139-bow.gif
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
ありがとうございました
[PR]

by s-kainaka | 2011-07-16 23:58 | その他
2011年 07月 02日

第3回 朝来市「全国 天空の城・竹田城跡」フォトコンテスト

今年も開催されます。皆さんも如何ですか?僕も頑張らなきゃ!?

今朝竹田城跡に行って来たんですが、駐車場のパンフレット置き場にあったものをもらってきました。
f0174293_11385284.jpg

昨年の上位入賞作品が掲載されてます。
 左上 朝来市長賞 「夜空の彩り」     右上 朝来市文化協会長賞 「待ちわびる人々」
 左下 朝来市議会議長賞 「桜花爛漫」  右中 朝来市文化協会長賞 「日の出に姿を現す要塞」
                           右下 朝来市文化協会長賞 「雲の海に浮かぶ」

 詳細はこちら。受付は10月1日から11月30日までです。
f0174293_1139169.jpg

昨年は210人からの応募だったそうです。昨今の竹田人気で、今年は更に上回るかな?

ランキングに参加中です 皆様のポチ!が、大変励みになっております。
 お帰り前に↓応援のポチッとお願いしますemoticon-0139-bow.gif
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
ありがとうございました
[PR]

by s-kainaka | 2011-07-02 11:55 | その他
2011年 04月 09日

ただいま

先程、帰宅しました。眠いです・・・。詳細は後日に、おやすみなさい。
f0174293_23422317.jpg

※写真は、昨年の物です。
[PR]

by s-kainaka | 2011-04-09 23:43 | その他